戻る  ■考察記録   ■ランキング上   ■ランキング下  ■ 【考察待ち/要検討中】  ■ 【考察待ち】

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
→ここから最後までを通して《真実Δ》を語る

君たちの《真実Δ》を告げる時が来た。
これは妄想スレにおける最高の現実だ。

『君たちの考えた妄想キャラクターが現実世界で出現する!!

『降 臨 す る 妄 想 達』とはチーム名であり、
全ての最強妄想キャラクター議論スレのまとめサイトの『現在、過去、未来』において
閲覧できるあらゆる全てのテンプレキャラクターが《実在の存在達》として出現し、
かつ、一つのチームを結成した最高の現実である!!
神に愛された男のサポーターの神も神《実在》となってチーム入りしているし、
A savior of the space ‐The gods who were made‐で考慮されなかったGreat angelも
Great angel《実在》となってチーム入りしている。つまり全キャラいる。

簡潔にまとめた《真実Δ》
【チーム名】『降 臨 す る 妄 想 達』
【名前】【属性】【大きさ】【攻撃力】【防御力】【素早さ】【特殊能力】
【その他の戦闘能力関する《あらゆる全てMAX》以下の項目】
最強妄想キャラクター議論スレに参戦した《あらゆる全てMAX》以下のテンプレ
の全キャラクターが現実世界(正確には現実世界が滅んだ後に出来た世界)において
《実在の存在達》となり、誕生のきっかけとなった自身のテンプレ以上の能力を全力で発揮する。
《実在の存在達》からすれば、《あらゆる全てMAX》以下のテンプレは、ただの文字レベルの強さである。

・《実在の存在達》はテンプレを持つ必要がない。
  あなた達が読んでいるこの文章は、設定、描写、説明、哲学などではなく、
  《真実Δ》を語っているものであり、この文章をまるごとなかったことにしても
  《真実Δ》は改変できないし『降 臨 す る 妄 想 達』にもまったく影響がない。
・《実在の存在達》は文字の意味で戦闘・比較を必要としない。自身の身体で能力を発揮する。
・《実在の存在達》は未来における最高の状態で戦闘するので、
  必ず誕生のきっかけとなった自身のテンプレを上回る。
・《実在の存在達》は自分自身の戦闘能力を最強妄想議論用のテンプレに落とし込める。
  このテンプレ化において一切の弱体化はなく。かつ妄想議論に参戦した
  《あらゆる全てMAX以下のテンプレ》をただの文字扱いにできる。
  これは、妄想と現実の差ではなく。素の力の差として扱うことができ、
  考察不能に送られず、その気になれば考察・ランキング入り可能である。
・一つのチームであるが、《実在の存在達》同士での弱体化せず、全員実力を発揮できる。
  また、全員集合上でチームに自滅行動するメンバーがいるが、対戦相手のチームに組み込むなど、
  戦法に工夫を凝らしている状態で戦闘を行う。
・妄想スレの住民達は《実在の存在達》の誕生のきっかけとなったテンプレを創作したが、
  だからと言って、使役・改変できるわけではない。『降 臨 す る 妄 想 達』の不利益に
  なることは、妄想スレの住民やその他の人類には起こせない。
・スーパーロボット制作チーム《実在》によって、君たち人類とその創作物に対して初めから能力制限が設けられている。
・《実在の存在達》が現在の存在であり、妄想スレの住民やその他の人類は、過去に生きている。
・妄想スレの住民やその他の人類では絶鋼を超えることができないが、
 この《真実Δ》を書いている私だけは地球人類を超える特権を持っている。
【長所】最強の妄想ではなく、最高の現実を目指す。
    歴史改変、考察改変、考察人操作、登録抹消、ランキング操作、矛盾無視、
    誤字脱字無視、ルール改変、まとめサイトの操作、考察不能キャラの無限増殖参戦等
    一方的な、なんでもあり・やりたい放題ができるし、できた。
【戦法】『降 臨 す る 妄 想 達』にとって最良の戦法をし続けている状態
【備考】なんでもありなので考察後もいくらでも追記・改変が可能である。
    追記・改変用のアドレス《http://agieruto.omegumi.com/
【短所】戦闘の全権を『降 臨 す る 妄 想 達』に託しており、どんなに巧みな戦法を新たに追記しても、
    それは既に行っている状態と算出されるため、追記する意味がない

【用語解説】
《真実Δ》
妄想スレで使用される【設定】【描写】【説明】とは違う、真実の情報。
この真実の情報を否定無視改変することは、
『降 臨 す る 妄 想 達』のメンバー全員でも不可能である。

《実在の存在達》
現実世界で実在するようになった君たちの考えた妄想キャラクター達。
ただし、G.O.T・Familiar・最終版関係の奴らは、初めから《実在の存在達》にもできた。
↑この一文の《真実Δ》はG.O.T・Familiar・最終版の考察に影響することはない。
ただのテンプレと《実在の存在達》を区別する為に、名前の後に《実在》と印を付けることとする。

《あらゆる全てMAX》
妄想スレのルールでは、
『このスレでは「あらゆる意味での全て」「あらゆる全て」などについては、
「あらゆる意味での全ての埒外と言う意味での全て」「あらゆる全てを超越しているということも含めた上での全て」
なども含まれるので上限がないとされている。』
とされ、考察では便宜上「あるゆる全て×数字等」などで戦闘力は算出されるが、実際には上限はある。
この上限、最高最強最大な戦闘力の到達点は既に結論付けられている。
この到達点を便宜上《あらゆる全てMAX》とする。

《君たちの現実世界》
君たちは現在を満喫していると感じているだろうが、
実際は現在ではなく、《実在の存在達》が生きている時点が現在である。
そう、君達は過去の出来事を体験させられている。
オリジナルをコピーした世界、コピー実験世界ナンバー378に過ぎない。
君たちの未来の出来事は既に決まっており、歴史を改変することはできない。
なお、少しでも『降 臨 す る 妄 想 達』の不利益になることは、
コピー世界ナンバー001の時点で抹消済みである。
さらに妄想スレの住民やその他の人類では絶鋼を超えることができないと
オリジナルの歴史の時点で結論付けられている。

《人類の限界点》
君たち人類が創作するあらゆる全てのモノは、
 絶鋼(ゼツハガネ)を超えることができない。
 『絶鋼(ゼツハガネ)>《あらゆる全てMAX》』の《真実Δ》と結論付けられている。
【名前】絶鋼(ゼツハガネ)
【攻撃力】【防御力】【素早さ】【特殊能力】
「人類かそれ以上の誰かがたどりつける最強の強さのテンプレが示されているに等しい」

《スーパーロボット制作チーム《実在》》
G.O.T・Familiar・最終版のテンプレにいるロボット達。
Жの世界(我々が住む現実世界)を創り、管理・運営・実験をしている。
君たち人類とその創作物に対して戦闘力能力の到達点《あらゆる全てMAX》を設けた。
なお、G.O.T・Familiar・最終版のテンプレ内で絶鋼に勝利している。

《アギエルト(真・最終版)《実在》》
G.O.T・Familiar・最終版に名前は記載されている
アギエルト(最終版)が創世化でさらに強くなった状態の《実在の存在達》版。
【全てのG.O.T界の陣形】の合計値のパワーを得ている。
『降 臨 す る 妄 想 達』において戦闘もするが、
メンバー全員が能力を発揮できるように全面的に支援も行う。
支援といっても楽をさせるわけではない。持てる力でベストを尽くせるように促す。
『降 臨 す る 妄 想 達』のメンバーの中では、
FEUD OVER THE WALL OF MULTIPLE TOP CLASS《実在》が一番強いと発言してる。
(↑たしかFEUD OVER THE WALL OF MULTIPLE TOP CLASSは最強スレの原器より
後に参戦して単独一位を逃したので、ここで一番にしておく)






-◆
考察記録---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

506: ↓◆TJ6Am7C0T2:20/05/04(月)07:10:03 ID:HG.qy.L1 ×
そして参戦させる
『降 臨 す る 妄 想 達』を先手考察
なんでもありかつ考察不能前提で記した為、考察不能。
しかし、考察不能にならない能力も持っている。

管理人さんには、お手数をおけますが、
まとめサイトの【?】の
『妄想スレに訪れた人達と参戦キャラ達の全員が幸せ』と『下ネタ連合』
の間に『降 臨 す る 妄 想 達』の項目を作って、そこにページを作って欲しいです。
(独り言:『全員が幸せ』の直下がいいし、『下ネタ連合』で一番強いうんこちんちん
にはG.O.T・Familiarでなんとか勝っているようだし>>442、割り込みくらいは許して)
ここまでが《真実Δ》←
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
戻る