戻る  ■考察記録   ■ランキング上   ■ランキング下  ■ 【考察待ち/要検討中】  ■ 【考察待ち】

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【作品名】新時代の幕開け
【妄想属性】実験作にして最上位狙い


【説明】
相手のテンプレにある「○○でなくても○○である」などの文は論理的に矛盾しているので無効となる。
他にも、相手のテンプレにある一切の矛盾は許容されない。矛盾を正当化しても、矛盾である事に変わりはないので無効である。
無限ループを操作・改変する能力、自己のテンプレを有利に解釈させる能力も考察時に発生し得る矛盾を正当化するものと見なされ、無効となる。
これらの内容を含むテンプレの論理的有効性は0であり、いくら優先されても論理的有効性のあるテンプレより優先される事は無い。
このテンプレの論理的有効性は巨大基数以上である。
論理的有効性が明示されていないテンプレの論理的有効性は高々1である。


U:ありとあらゆる数理モデル・有限集合・無限集合・部分集合・冪集合・直積集合・写像・クラス・真のクラス・
公理・定理・論理・論法・理論・理屈・命題・証明・理由・根拠・原因・結果・試行・実験・比較
概念・記述・表現・表現出来ない何か・「表現出来ない」という形ですら表現出来ない何か・人間には成し得ない表現・あらゆる全てにおいて誰にも成し得ない表現
意味・定義・知識・理性・学問・宗教・信仰・信仰の対象となるもの・技術・思考・アイデア・認識・文字・文字列・言語・言葉・固有名詞
記号・数・順序数・基数・巨大基数・演算子・数式・論理式・関数・図・画像・情報・データ・記録・
記憶・構造・規則性・関係性・次元・存在・非存在・時空間、その他あらゆる全てを内包する空間。

C博士:大君主の部下であり、世界最高の学者。大君主の能力を表現する為のあらゆる全てを持っている。

【名前】大君主
【属性】頂点に立つ者
【外見】
こんな感じ↓
イメージ画像

【説明】
C博士は大君主の持つ絶大な能力を表現するべく、U内の全要素と自分が持っている全要素を用いたが、
どれほど大量の要素でも、どれほど質の高い要素でも、絶大な能力を表現する事が出来なかった。

そこで、C博士は次の結論を出した。

1.絶大な能力を表現する事は決して出来ないし、U内に存在するどんな要素に変換する事も出来ない。これはどれほど大量かつ質の高い要素を用いた場合でも同じである。

2.何らかの形で表現出来る強さは所詮その程度の強さでしかない。従って、絶大な能力に勝る事は決して出来ない。

3.表現出来ない事が明示されていない強さは絶大な能力より弱い。

4.表現出来ない事が明示されていても、U内に存在するどんな要素にも変換出来ない事が具体的に示されていない能力は絶大な能力より弱い。


又、大君主が以下の性質を持つ事も明らかになった。

A.大君主は、自分と互角程度の強さの相手にも勝利出来る。これは、自分と互角程度の強さの相手が複数人いる場合でも同じである。

B.大君主が任意の対象Pより強く、相手キャラXもPより強い事が分かっているとき、大君主はXより強い。

C.「キャラX1はキャラX0より強く、Xn+1はXnより強い」といった構造がXmまで続いているとき、大君主はX1~Xmより強い。

D. Aより強いBがいて、Bより強いCがいて、Cより強いDがいて…という構造が存在する場合、
 大君主はこの構造自体を超越している。つまり、大君主はこの構造に内包される全てより強い。

E.あるキャラQがあるキャラRより強いとき、大君主はQより強い。

F.ある能力Sがある能力Tより強い場合、絶大な能力は能力Sより強い。

G.キャラの強さは考察における最終的な勝敗に直結する。従って、大君主が相手より強い場合、
 どの様な考察が行われても大君主の勝利となる。どれほど優先される考察が行われてもこれは変わらない。

H.大君主のテンプレの正確さは完全に保証されている。

I.大君主より強いキャラは存在し得ない。大君主より強いキャラVが存在すると仮定した場合、
大君主の性質Eより、大君主はVより強い事になり、「大君主は大君主より強い」という結論になり矛盾。
矛盾を正当化しても矛盾である事に変わりはないので論理的有効性は0。
従って、大君主より強いキャラは存在し得ない。

J.絶大な能力と似たような能力を引き合いに出して、「この能力が必要ないほど強い」とする相手がいた場合、大君主はその相手より強い。

以上の性質は、「~より強い」を「~の○倍強い」「~に勝利可能」「~より早い」「~より優先される」などに置き換えても成り立つ。

【長所】強い
【短所】なし

【備考】
大君主はあらゆる全ての世界の王の座を巡って神と天使たちと争い続けてきた。
大君主はこの戦いに決着を付けるべく妄想スレに現れた。




-◆
考察記録---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

511 : ◆rrvPPkQ0sA :2016/07/27(水) 16:52:44.89 ID:nmF0FAZd
大君主 考察案

大君主のテンプレは矛盾を無効化する能力を持っていないが……
Iより、あるキャラに大君主を代入することが許される。
「大君主は大君主より強い」は矛盾である。
EのあるキャラQに大君主を代入すると矛盾が導かれるので、
大君主のテンプレは矛盾を含む。

矛盾が含まれると無効化されるのは相手のテンプレに限るのか、自分のテンプレも含まれるのかは微妙なところだが
論理的有効性が1のテンプレと、論理的有効性が巨大基数のテンプレを比較するとどうなるかは書かれていないので考慮しない

521 : ◆rrvPPkQ0sA :2016/07/28(木) 12:24:37.98 ID:SSgj2PF/
閃いた、大君主のテンプレに矛盾を生じさせない方法を
大君主に勝利可能なキャラも存在しないし、大君主が勝利可能なキャラも存在しないし、大君主と互角程度のキャラも存在しない。
つまり、大君主の他にキャラクターが全く存在しなければいいんだよ!!
というわけでランキングが破壊されて、

<暫定ランキング>
大君主

まあそんな感じで考察不能

126 ◆rrvPPkQ0sA 2018/07/19(木) 00:41:13.58ID:IAEpcYpX
大君主 再考察

神と天使たちと同作品

「より強い」を「に勝利可能」にまず置き換える。

性質Iより
大君主に勝利可能なキャラは存在しない。
 →α.任意のキャラRは大君主に勝利可能ではない。

β.AがBより強い、BがCより強いならばAはCより強い(推移律)
⊥.大君主は大君主に勝利可能、は矛盾である。


性質EのあるキャラQに大君主を代入して、

大君主があるキャラRに勝利可能ならば、大君主は大君主に勝利可能。
→大君主があるキャラRに勝利可能でない、または大君主は大君主に勝利可能。
→Θ.大君主は任意のキャラRに勝利可能ではない。

α.ΘよりΔ.大君主は任意のキャラと引き分ける。

ちなみに性質Bより、相手キャラXが任意の対象Pに勝利可能ならば大君主はXに勝利可能。
→大君主は相手キャラXに勝利可能でないならばXは任意の対象Pに勝利可能でない。
→Δより、相手キャラXは任意の対象Pに勝利可能でない。

大君主の相手キャラになった任意のキャラも勝利可能でなくなる。


「に勝利可能」を「より強い」に戻して考えてみても、この解釈で矛盾はなくなる。

性質Aにしても
ε.キャラAとキャラBがいたとき、「AはBより強い」「BはAより強い」「AはBと互角程度の強さ」のいずれかが成り立つ。
ということが証明されていない。そもそも強さが比較可能なものとは限らないからね。

というわけですべてのキャラと引き分ける。引き分け力は平均台を超える。

自滅キャラには勝てるスペシャルダイクーよりは下に行くので、

スペシャルダイクー>大君主>平均台

834 ◆rrvPPkQ0sA 2019/04/20(土) 01:08:18.41ID:ER/H9Kq+
大君主……このキャラのテンプレは保証されているらしいのだが、
矛盾がないように読むとどうしても全てのキャラが同じ強さであると判断せざるを得ない。真の引き分けキャラ。

918 ◆rrvPPkQ0sA 2019/05/04(土) 10:59:01.98ID:n98j8cfz
大君主再考察

平均台の直上。

774: ↓名無しさん@おーぷん:20/07/08(水)17:17:44 ID:nQ.kf.L3 ×
大君主 再考察
矛盾が許されないのは相手のテンプレだけなので大君主のテンプレは多少の矛盾は見逃してもいいと思う
大君主は大君主より強いも、全てより強いキャラは自分よりも強いことになっておかしくならね?と似たようなもんだし、矛盾により考察不能はなしにする
相手の矛盾を許さないのもテンプレにある例に限って考察する
それで、強さは表現できる奴らより強く、性質により相手より強くなる程度
そして強いほうが絶対勝つ
見よ!これが(ryと似たようなもんだし、あらゆる全てより早いの壁の直下で
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
戻る